ラインとラインを結ぶ


フィッシャーマンノット改良(簡単ノット) ・ 釣り場で簡単に、強度の出しやすいノット

泉 裕文氏が愛用するフィッシャーマンズノットの改良ノット。シーバスルアーフィッシングの道糸(PE)とリーダーを比較的強い結節で結ぶこともできる。
フィッシャーマンノット改良(簡単ノット)

結び方

図1
STEP1
リーダーに輪を作り、リーダーの先を2回くぐらせる。
PEラインを二つ折りにしてリーダーの輪に通す。
図2
STEP2
くぐらせたPEラインの先を、リーダーに沿わせるように、2回、巻きつける。
そのあと、PEラインを20センチほど引き出す。
図3
STEP3
リーダーの輪を8割ぐらいの力で締める。
図4
STEP4
引き出した二重のPEラインで、リーダーに10回巻きつけ、 ユニノットで留める。
図5
STEP5
結び目を湿らせ、リーダー、PEライン(本線)、 PEラインの先端部を三方向に締めこむ。
図6
STEP6
余分な部分をていねいにカット。
2017年フィッシングショーのご案内
Copyright (c) KUREHA GOHSEN CORPORATION