ラインとラインを結ぶ


PRノット・大物用リーダーシステム

鮪などの大物釣りに対応。PEラインと太いリーダー(ハリス)の結束も安心な摩擦系のリーダーシステム。
PRノット

結び方

図1
STEP1
リールに巻いたPEラインの先端をボビンホルダーに通し、ボビンに10回程度巻き付ける。抜けないようにトルクで調節する。
図2
STEP2
PEラインをボビンホルダーの口から10cmの位置でリーダー(ハリス)と一緒に持つ。
図3
STEP3
PEラインを下から手前に向けて回転させながら巻き付けていく。
図4
STEP4
PEラインを下から手前に向けて回転させながら巻き付けていく。
(最初に巻いたPEラインの上から巻き付けていく)
大型魚を狙う場合、PEラインをリーダー(ハリス)に7cm程度巻き付ける。
図5
STEP5
PEラインをボビンホルダーから外し、ラインの先端部をラインとリーダー(ハリス)一緒にハーフヒッチで一度仮止めをする。
図6
STEP6
ラインの先端部をラインとリーダー(ハリス)一緒にハーフヒッチで上下交互に7回程度しめる。
エンドノットの際は2回巻きこんだ後にしめる。
図7
STEP7
リーダー(ハリス)にPEラインの先端を、ハーフヒッチで上下交互に7回程度しめる。エンドノットの際は、2回巻きこんだ後にしめる。
図7
STEP8
余分なリーダー(ハリス)を2mm位残し、PEラインも多めに残し切る。
余った部分にライターを当てて、調整する。(PEラインにライターを当てる際は遠目から気を付けて行う)
2017年フィッシングショーのご案内
Copyright (c) KUREHA GOHSEN CORPORATION