ハリスとハリを結ぶ


フィンガーノット ・ ハリスにチヂレなし(渓流・ヘラの細ハリスにおすすめ)

締める時のテンションが、捨てる方のラインにかかり、ハリスにチヂレが残らないので、ラインの強度を損なうことのない結び方です。特に渓流やヘラなど、極細ラインを使う釣りにおすすめします。
フィンガーノット

結び方

図1
STEP1
ハリスの先で5〜6cmの輪を作り、ハリのチモトと一緒に抑えます。
図2
STEP2
輪の一部を摘み、ハリスの先端部とハリの軸の両方を一緒にして巻き上げます。
図3
STEP3
ハリ先方向へ2回巻き上げます。
図4
STEP3
2回巻いたハリスへ被せながら、チモト方向へ7〜8回巻き付けます。
図5
STEP5
巻き終わったハリスも一緒に抑え、ハリスの先端部を引っ張ります。ハリスがハリの内側から出るように調節しながら、結びをチモトに固定します。
余分をカットする時に、2〜3mm残してください。引っ張るテンションへの安全策です。
2017年フィッシングショーのご案内
Copyright (c) KUREHA GOHSEN CORPORATION